サイトマップリンクについて管理人へメール

トップページ > 毎日の習慣編

毎日の習慣編

便秘知らずの快腸生活のためには、日頃の排便リズムが重要ポイントです。 人間の生活リズムや体のサイクルからすると、朝に排便習慣をつけるのが、もっともやりやすいようです。

「夜の過ごし方」で決まる翌朝の便通

便秘がちという人には、夜型の生活を送っていたり、食事時間が不規則だったりという場合が多いようです。
腸は自律神経など神経系統に強く影響される臓器です。夜ふかしによる睡眠不足は、神経に負担を与え、腸のはたらきを悪くしてしまうのです。また、食べたものが便になるまでの時間は大体決まっています。ですから、食事時間がバラバラだと、便意を感じる時間もまちまちになってしまうので、排便リズムをつかみにくくなります。

[「夜の過ごし方」で決まる翌朝の便通] 続きを読む
↑このページのTopへ

便秘を防ぐ朝のこんな行動

排便はリズム。いったんうまく回り始めれば、その時間帯になると自然とトイレに行きたくなるものです。便秘がちの人は、排便リズムが乱れているので、意識的に「朝方排便」のリズムをつくる努力をしてみましょう。人間の生活リズムや体のサイクルからすると、朝に排便習慣をつけるのが、もっともやりやすいようです。

[便秘を防ぐ朝のこんな行動] 続きを読む
↑このページのTopへ

便意は絶対我慢しないこと

トイレせっかく朝に排便リズムをつくる努力をしても、トイレでゆっくり踏ん張る時間がとれないほど慌しい生活をしていては、便秘を解消することは難しくなります。トイレで10分~15分は過ごせるくらいの余裕をもって、起床時間を設定するようにしてみましょう。

[便意は絶対我慢しないこと] 続きを読む
↑このページのTopへ

▲Homeへ