サイトマップリンクについて管理人へメール

トップページ > 便秘対策【飲食編】> 便秘薬の選び方

便秘薬の選び方

市販の便秘薬にはさまざまな種類がありますが、何が主成分かによって効き方が違います。
中には、連続使用すると腸が刺激になれて、服用が習慣化したり、効き目が薄れたりするものもあるので、選び方には注意が必要です。

便秘薬の中でも、腸への負担が軽く、習慣化しにくいのは、マグネシウムが主成分の塩類下剤。マグネシウムは、腸の外にある体液から腸管内に水分を取り込んで便のカサを増し、腸のぜんどう運動を引き起こすことで排便を促す作用があります。水酸化マグネシウムや硫酸マグネシウムが主成分のものを選ぶと良いでしょう。商品名で言えば、「スラーリア」や「スイマグ」などがあります。

一方、腸を直接刺激してぜん動運動を誘発する便秘薬は、生薬を主成分としたもの。広く知られているのは「コーラック」や「センナ」などです。もちろんこれらも体に悪いというわけではありません。特に腸が垂れ下がって便が進んでいかない「弛緩性便秘」の人には、こうした生薬系の便秘薬も即効性があって有効です。
ただし、薬に頼るばかりでなく、食生活の改善や運動不足の解消などを心がけることがまず大事と言えるでしょう。

▲Homeへ