サイトマップリンクについて管理人へメール

トップページ > お年寄りと便秘> 高齢になると、便秘が起こりやすい理由

高齢になると、便秘が起こりやすい理由

若い女性と同じくらい、実は高齢者にも便秘に悩む人は多いものです。高齢者の便秘の原因は、大きく分けて二つあります。「体内機能の低下」と「病気」です。

まず、高齢になると大腸の機能自体が低下すると同時に、体全体の筋力も衰えてくるので、内臓も下垂してきます。このため、腸のぜん動運動が弱くなり、食べたものを移動させるのに、若い頃より時間が必要。その過程で、水分が腸に吸収されすぎて便が硬くなり、排便を困難にしてしまうのです。

高齢者は、この「弛緩性便秘」が多いようです。また、排便のためにいきむ力が弱くなることも、便秘を引き起こす要因と言えます。

特に寝たきりの方ですと、弛緩性便秘が起こりやすくなります。腸が水平になっている状態ですと、どうしても直腸や肛門付近の感覚が鈍くなり、便意を感じにくくなります。便はそこまで来ているのに、排泄がなされないと、便意を起こす反射機能が鈍くなり、さらに便秘を悪化させてしまうことにもなるのです。

また、持病を持っている方は、薬の影響で便秘になりやすい場合もあります。たとえば利尿作用のある薬を服用していれば、体内の水分が大量に排泄されるため、便の中の水分量が減ってしまい便秘を引き起こすこともあるでしょう。

このような体の機能の低下とは別に、がんや炎症によって腸の管が狭くなり、それが原因で便秘となっていることも考えられます。急に便が細くなった、便に粘液や血液などの付着物があるなどの場合は、独断で便秘薬を服用する前に、医師に相談したほうが安全と言えます。

▲Homeへ