サイトマップリンクについて管理人へメール

トップページ > 便秘のタイプを知ろう

便秘のタイプを知ろう

ひとくちに便秘といっても、症状はいくつかあります。自分がどのタイプの便秘かを知ることが美への近道です。

弛緩性(しかんせい)便秘

便秘には大きく分けて、「慢性・習慣的」になっているものと、「急性・一過性」のものがあります。

「慢性・習慣的」な便秘の代表的なものは「弛緩性(しかんせい)便秘」です。これは、腸の筋力が衰えることで、便を前へ押し出そうとする大腸のぜん動運動が弱くなり、便意を感じにくくなることが原因で起こる便秘です。
排出されない便が腸全体に溜まってしまうのが特徴と言えます。

[弛緩性(しかんせい)便秘] 続きを読む
↑このページのTopへ

けいれん性便秘

同じく「慢性・習慣的」な便秘ですが、他に紹介した二つと少しタイプが違うのが、「けいれん性便秘」と呼ばれるものです。

便秘というと、便を外へ押し出そうとする大腸のぜん動運動が弱いために起こると考えがちですが、このタイプの便秘はむしろ大腸の運動が活発すぎて起こります。ストレスなどから自律神経のバランスが崩れ、腸が過敏になると、腸のぜん動運動が引きつったようになってしまいます。こうなると、腸が極端に収縮し、便の通りが悪くなるのです。

[けいれん性便秘] 続きを読む
↑このページのTopへ

急性・一過性の便秘

腸の機能に格別問題のない人でも、さまざまな要因が重なって「急性・一過性」の便秘に悩まされることもあります。

原因としては、主に次のようなことが考えられます。
便秘の原因旅行便秘の原因大量の汗便秘の原因薬の副作用

[急性・一過性の便秘] 続きを読む
↑このページのTopへ

便秘の奥に、重大な病気が?

「たかが便秘」とあなどれないのは、腸の癒着や狭窄、あるいは腫瘍などの圧迫によって便秘症状が起こることがあるからです。こうした原因で起こる便秘を「器質性便秘」と言います。

慢性的に便秘をしている場合は、なかなかその変化に気づかないかもしれませんが、嘔気や腹痛、下痢と便秘を繰り返す、下血があるといった症状を同時に呈するときは、早めに専門医にかかるようにしましょう。市販の便秘薬がまったく効かない、急に便げ細く短くなってきた、常に残便感があるといった症状も、診断にかかる目安です。

[便秘の奥に、重大な病気が?] 続きを読む
↑このページのTopへ

▲Homeへ