サイトマップリンクについて管理人へメール

トップページ > 妊婦さんと便秘> 妊婦さんに便秘は避けられない?

妊婦さんに便秘は避けられない?

妊娠中は、普段便秘がちではなかった人も、お通じが遠くなることが多いようです。
大きくなった子宮に圧迫された腸が広がった骨盤の中に落ち込みやすかったり、腸の働きを低下させる黄体ホルモンの分泌が盛んになり、腸の動きを低下させることが原因と言えます。
さらに、妊娠中はおなかの中の子供が気になって運動不足になったり、普段と違う体調にストレスをためたりといったことも便秘を引き起こしやすくしているのです。

また、大きくなった子宮に圧迫され、直腸や肛門のまわりの静脈がうっ血すると、痔にもなりやすくなります。痔の最大の原因は便秘なので、まず便秘を防ぐことを心がけましょう。

便秘を予防するには、水分を多めにとり、食物繊維が多く含まれている野菜やくだもの、乳酸飲料やヨーグルトを、ふだんとり多めにとることを心がけましょう。こうした食生活はおなかの中の赤ちゃんにもいいことです。起きぬけに冷たい牛乳・水を飲んで腸に刺激を与えるのも効果的です。

食生活に加えて、適度な運動も必要。激しく動くことは駄目ですが、軽いウォーキングや医師の指導のもとのマタニティースイミングやマタニティービクスなどを生活に取り入れてみましょう。
全身の血液循環が良くなることで、腸の活動も活発化し、便秘の解消に役立ちます。スムーズな分娩のためにも、適度な運動はお勧めと言えます。

▲Homeへ