サイトマップリンクについて管理人へメール

トップページ > ストレス対策編> 便秘効果を期待してハーブティーを飲むなら

便秘効果を期待してハーブティーを飲むなら

天然ハーブには、乾燥させたドライタイプと生のフレッシュタイプがあります。ハーブティーにするなら、ドライタイプのほうが成分が抽出されやすく、保存もきくので扱いやすいでしょう。
一人分なら、お湯200ccに対してハーブは2~3g(指3本でつまんだくらいの量)が目安です。

ハーブの薬効を最大限に体にとり入れるには、次の点に留意すると良いでしょう。

便秘解消ハーブティーの飲み方●ハーブを入れた急須もしくはポットに熱湯を注いだら、揮発成分が逃げないようにすぐにフタをかぶせましょう。そのまま3~5分置きます。
●カップに注いだら、飲む前にまず湯気を十分に吸い込みましょう。揮発成分が鼻から吸収され、アロマテラピー効果を得ることができます。
●お茶を口に含んだら、すぐに呑み込まず、口の中でゆっくり味わう。こうすることで、頬や舌の裏側などの粘膜からハーブの有効成分が毛細血管に吸収され、より体のすみずみまで薬効を届けることができます。

便秘解消ハーブティーの楽しみ方ハーブティーを飲むときは、せっかちにならず、ゆったりとした気分で楽しむといいですね。

▲Homeへ