サイトマップリンクについて管理人へメール

トップページ > ストレス対策編> 天然ハーブの薬効で体質改善

天然ハーブの薬効で体質改善

便秘薬のように、即効性はないけれど、一時しのぎではない本質的な体質改善を目指すなら、天然ハーブの力を借りるといいでしょう。

市販の便秘薬にもハーブ成分を含むものはありますが、あくまで薬は薬。慢性的に使い続けると、体がその刺激になれてしまい、次第に効果が薄れてきてしまうという難点があります。その点、自然の植物である天然ハーブなら、副作用も少なく、腸の自発的な運動能力を高めることができます。

ハーブは「香草」とも呼ばれるように、独特の香りを持ち、それがリラックス効果をもたらします。リラックスすると、交感神経が鎮静し、副交感神経の働きが活発になって、胃腸の緊張もやわらぎます。その結果、腸の自然なぜん動運動がよみがえり、お通じをスムーズにしてくれるわけです。

ハーブを生活に取り入れるなら、ハーブティーがもっとも手軽でしょう。
ストレスが原因の「けいれん性便秘」の場合は、カモミールやフェンネルなど、胃を保護しつつ、腸のけいれんを和らげ、香りのリラックス効果の高いハーブがお勧めです。緊張が高まりやすい昼間の活動時間に、こうしたハーブを摂取すると、夜から翌朝にかけての腸の働きを促すことができます。

便秘の一因のストレス解消にハーブティー一方、「弛緩性便秘」やお腹が張ってつらいときには、タラゴン・コリアンダー・チャービルといったスパイス系のハーブが腸に刺激を与え、ガスを排出する働きをしてくれます。スパイス系ハーブは、やや香りにクセがあるので、爽やかなミントなどをブレンドすると飲みやすくなるでしょう。

ハーブに慣れてきたら、自分なりのブレンドを考えるのも楽しいもの。食後のコーヒーをハーブティーに変えることから始めてみてはいかがでしょうか?

▲Homeへ