サイトマップリンクについて管理人へメール

トップページ > 便秘解消ツボ&体操編> 簡単にできて便秘効果のある「手のツボ」

簡単にできて便秘効果のある「手のツボ」

ツボ押しと言えば、肩凝りや腰痛の緩和をイメージするかもしれませんが、なかには腸の働きを活発にして、便秘解消に導くツボもあります。
東洋医学の考え方では、人体には360ものツボがあるそうですが、まずはテレビを見ながらでも気軽にできる、手にあるツボをご紹介します。

●合谷(ごうこく)
手の甲側にある、親指と人差し指の付け根が交わるV字のところのできたくぼみ。反対側の手の親指をツボに当て、他の4本の指を包み込むようにすると揉みやすいでしょう。直腸性便秘に効果があります。

●支溝(しこう)
手の甲側で、手首から指4本離れたところ、二本の筋の間にあります。反対の手で腕をつかむようにして、親指で真下へグッと押しましょう。「便秘の名穴」とも呼ばれるツボです。

●内関(ないかん)
手のひら側で、手首のしわの部分から上へ指三本分のところにあります。けいれん性便秘の人はツボ押しで刺激を与えすぎることはあまりオススメできませんが、ここは自律神経を整えるので、積極的に押しても大丈夫でしょう。

ツボは左右対称にありますので、両方とも均等に指圧するようにしましょう。コツはゆっくり息を吐きながら3~5回程度力を加えて押すことです。

▲Homeへ