サイトマップリンクについて管理人へメール

トップページ > 毎日の習慣編> 便秘を防ぐ朝のこんな行動

便秘を防ぐ朝のこんな行動

排便はリズム。いったんうまく回り始めれば、その時間帯になると自然とトイレに行きたくなるものです。便秘がちの人は、排便リズムが乱れているので、意識的に「朝方排便」のリズムをつくる努力をしてみましょう。人間の生活リズムや体のサイクルからすると、朝に排便習慣をつけるのが、もっともやりやすいようです。

便秘解消に朝食まずは、朝の目覚めを良くし、食欲が湧くようにすること。起き抜けに冷たい水か牛乳をコップ1杯飲むと効果的です。空っぽの胃に水分が入ってくることで「胃・結腸反射」が起こります。
これは、胃が膨らむことで大腸に信号が送られ、大腸のぜんどう運動が高まることををさします。そのため、便が直腸に送されて、便意が生まれてくるわけです。

この「胃・結腸反射」は、特に朝食後に起こりやすいと言われています。というのも、胃が空っぽで、かつ就寝中に大腸の運動がゆるやかになっているところへ、急に食べ物がおなかに入ってくると、より強い刺激となって伝わるからです。この「胃・結腸反射」こそ、便意の決め手。これを強めるためにも、夜遅くの食事や朝食抜きは望ましくないのです。

なお、この「胃・結腸反射」は昼食後や夕食後にも起こるもの。自分の生活リズムによって、意識的にこの反射が起こるような刺激を与えてみると良いかもしれません。ただし、空腹の時間が長いほど、より強い反射となり効果的であることを覚えておきましょう。

▲Homeへ