サイトマップリンクについて管理人へメール

トップページ > 毎日の習慣編> 「夜の過ごし方」で決まる翌朝の便通

「夜の過ごし方」で決まる翌朝の便通

便秘がちという人には、夜型の生活を送っていたり、食事時間が不規則だったりという場合が多いようです。
腸は自律神経など神経系統に強く影響される臓器です。夜ふかしによる睡眠不足は、神経に負担を与え、腸のはたらきを悪くしてしまうのです。また、食べたものが便になるまでの時間は大体決まっています。ですから、食事時間がバラバラだと、便意を感じる時間もまちまちになってしまうので、排便リズムをつかみにくくなります。

便秘には規則正しい生活を
仕事の都合などによっては難しい場合もあるでしょうが、便秘改善のためには、食事はなるべく同じ時間にとり、就寝・起床時間も規則的にしたほうがいいでしょう。そして、もっとも排便リズムをつけやすい朝に、気持ちのいい便意が起こるようにするためには、夜9時以降は何も食べないこと。こうすることで、胃腸の中を食べ物がスムーズに流れるようになり、翌朝スルリと排便ができるようになります。

生活スタイルによっては昼や夜のほうが出やすい人もいるので、自分なりの便意のタイミングを知り、それを逃さない習慣をつければよいでしょう。便秘であっても、お腹がモゾモゾするといった弱い便意を感じることがありませんか?そうしたことの起こりやすい時間帯を見つけて、ゆっくりトイレに座る時間を確保するとうまくいくかもしれません。

▲Homeへ