サイトマップリンクについて管理人へメール

トップページ > その他こんな食材も> 便秘には「にがり」も効果アリ!

便秘には「にがり」も効果アリ!

ドラッグストアや、最近ではスーパーの豆腐売り場などでも目にする「にがり」。

TVの健康番組などの情報で、体に良さそうというのはわかっていても、具体的にどう効果があるのか、どう使っていいのかわからず、手を出せずにいるという人も多いかもしれません。
でも実はこの「にがり」、便秘やダイエットに悩む人には是非使ってもらいたい一品なんです。

そもそも「にがり」とは、海水を凝縮し、そこから塩を取り除いた液体のことを言います。そこには80種類以上のミネラルが含まれますが、なかでも豊富な含有量の「マグネシウム」がお通じ改善と肥満解消に、大きな役割を果たしてくれるのです。

便秘解消ににがりまず、便秘の場合。マグネシウムは腸内に入ると、浸透圧の作用で大腸壁の外側から内側に水分を集めます。こうなると、便秘の原因となっている硬い便がやわらかくなって、スムーズなお通じへと導いてくれるのです。ダイエットの場合は、マグネシウムによって、代謝酵素の働きが活発になり、エネルギー消費量が増えることが、体脂肪をため込みにくい体をつくります。

そもそも海藻や野菜の摂取量が少ない現代人の食生活では、必要なマグネシウムの量がカバーされていないことが多いもの。しかも、ストレスにさらされると、どんどん尿中に排泄されてしまうという。だからこそ、意識的に補いたい栄養素であると言えます。

代謝機能を高めるために必要な1日の摂取量の目安は50mg~100㎎。商品によってマグネシウムの含有量は異なるので、よく見て選んでみましょう。そのまま飲んでもOKですが、煮物や炊飯時に入れたり、コーヒーやお茶などに入れても。味は変わりませんので心配はいりません。

▲Homeへ