サイトマップリンクについて管理人へメール

トップページ > その他こんな食材も> バナナとリンゴで便秘解消

バナナとリンゴで便秘解消

便秘解消にバナナ整腸効果の高い果物の代表として挙げられるのは、バナナとリンゴです。

バナナと言えば、昔から滋養強壮にもいいと言われ、スポーツ選手もエネルギー補給源としている優秀な食材。それだけでなく、実はお通じ改善にも強力に働く成分を含んでいます。

まず、豊富な不溶性食物繊維で排便のスピードをアップ。さらに、甘みのもととなっているオリゴ糖が腸内の善玉菌を増やす役割を担います。とくに、まだ青みの残る若いバナナには、消化・吸収されずに大腸に届き、善玉菌のエサになる「難消化性でんぷん」が含まれていて腸内環境をしっかり整えてくれるのです。便秘対策には、やや未熟なバナナを選びましょう。

便秘解消にリンゴまた「医者いらず」と言われ、風邪や病人に回復食にも食されるリンゴも、腸の健康にいい果物です。リンゴには、水溶性食物繊維「ペクチン」が多く含まれます。これが食事で摂取したコレステロールや発ガン物質を吸着して排泄してくれるので、腸管をキレイに保つことができるのです。さらに、リンゴは生で食べるよりも、加熱するとさらに便秘改善効果がアップします。というのも、ペクチンは加熱によって分解され、その一部がオリゴ糖に変わる
から。腸の善玉菌のエサになるオリゴ糖の影響で、腸内環境が改善されるわけです。

ダイエットの面からも、リンゴは優秀な食材。食べた後の血糖値の上昇がゆるやかなので、満腹感が持続し、いわゆる腹持ちのがいいのです。食事の前に食べる習慣をつければ、自然に食べる量を減らすことができるでしょう。

▲Homeへ