サイトマップリンクについて管理人へメール

トップページ > ヨーグルトについて> 市販の高機能ヨーグルトについて

市販の高機能ヨーグルトについて

便秘解消とプロバイオティクス最近のヨーグルトのパッケージには、さまざまな乳酸菌の名前が表示されるようになっています。これは、各メーカーが「プロバイオティクス」と呼ばれる、独自の乳酸菌を開発して、それを利用した高機能ヨーグルトを作り出しているからです。

「プロバイオティクス」とは、簡単に言えば、腸に働きかけて体を健康にしてくれる菌のことで、その代表格がヨーグルトに含まれる乳酸菌です。ヨーグルトのパッケージに表示されたプロバイオティクス乳酸菌は、どれも整腸効果の高いものばかり。

以下に、よく目にするプロバイオティクス乳酸菌と特徴を挙げておきますので、参考にしてみてください。


●LG21
胃と腸の調子を整える働きがあります。胃潰瘍の原因にもなるピロリ菌を減少させたり、感染を防ぐ食品として特許も取得している実力派。胃の粘膜の荒れを整える効果も。

●ガセリ菌SP株・ビフィズス菌SP株
雪印が独自で開発した二つの善玉菌。SPは、「Snow Probiotics(スノー・プロバイオティクス)」の略だそう。2つの菌を組み合わせた商品で高い整腸作用が期待できます。

●BB536
「ビフィドバクテリウム・ロンガム」と呼ばれる、健康なヒトの腸管に由来する菌株を森永独自の技術によ接働きかけ減少させる効果を持ちます。

●LC1
ヨーロッパでも高い評価を得ているプロバイオティクスです。胃潰瘍や胃炎の原因とされるピロリ菌を減少させる効果があり、特許も取得。腸内環境を整えて、免疫力も強化する働きがあります。

●LB81
甘さ控えめで後味すっきりの良い風味を持つプロバイオティクス。腸内細菌のバランスを整え、腸内での有害物質の発生を抑えるとして、特定保健用食品に認められています。

▲Homeへ