サイトマップリンクについて管理人へメール

トップページ > 腸の健康、大切に> 「腸の健康」の決め手とは?

「腸の健康」の決め手とは?

便秘と腸内細菌大腸には、なんと100種類以上もの細菌が棲んでいると言われますが、この中にはビフィズス菌などの善玉菌もいれば、ウェルシュ菌といった悪玉菌も棲息します。この「腸内細菌」のバランスが崩れることが、便秘を引き起こす原因となります。

新生児の腸内は、善玉菌であるビフィズス菌が9割以上を占めると言われています。実際、産まれたばかりの赤ちゃんのウンチは、酸っぱいような臭いがするだけで、悪臭はしません。でも、大人になるにつれて、腸が老化するとともに、生活習慣や食生活の乱れなどから、次第に悪玉菌が優勢になって、「腸内環境」が悪化してきてしまうのです。

とくに便秘は、「腸内環境」を悪化させる最大の原因となるもの。腸の中に便が長時間滞留すると、善玉菌であるビフィズス菌の増殖がストップしてしまいます。すると腸の中が酸性からアルカリ性に傾き、悪玉菌の増殖を助けてしまうのです。

善玉菌は腸内にある消化物の「発酵」を進めますが、悪玉菌は「腐敗」を促進します。こうして、長時間滞留した便は、有害物質を排出するようになり、全身の健康にダメージを与えていくわけです。

便秘にはヨーグルトお通じが遠ざかっている人、便の臭いがキツイ人は、腸内の悪玉菌が優勢になっています。早急に、「腸内環境」を善玉菌優勢に整えるようにしましょう。ヨーグルトからのビフィズス菌摂取とビフィズス菌のエサとなるオリゴ糖の摂取を心がけてみてください。

▲Homeへ