サイトマップリンクについて管理人へメール

トップページ > 宿便と便秘の関係> 「宿便」の解消法

「宿便」の解消法

宿便の解消に腹八分目食後に、歯と歯の間に挟まった食べカスを取り除き、虫歯を予防するための歯磨きと同じように、腸壁の間にこびりついた「宿便」を掃除することは健康にとって大切なことです。この「宿便」のお掃除が、便秘のみならず肥満も解消し、ひいては成人病なども予防することにつながります。

「宿便」を溜め込まないためには、まず腹八分目を心がけることです。というのも、何よりも食べすぎが、腸の消化・吸収機能を低下させる一番の原因となるからです。

積もり積もった「宿便」を取り除くには、コンニャクや玄米などが効果的と言われています。これらの食品は、消化されないまま腸の中を通っていくので、その際に腸壁にこにりついている「宿便」も同時に体外に排出してくれるのです。

とはいえ、これはあくまでも「宿便」の表面を削り取る程度の働きしかなく、根本的な宿便の解決とはなりません。「宿便」を根こそぎ取り除くもっとも効果的な方法はやはり断食でしょう。断食することによって、腸の中を空っぽにすると、体が栄養分を摂取しようとして腸の収縮力を強めます。そのときの力が「宿便」を分解し、体外へ排出してくれるわけです。

でも、こうした断食は1週間~10日かけて行なう必要があり、素人判断でやっては危険が伴うもの。興味のある人は、専門医の指導監督のもとで行なうようにしましょう。

▲Homeへ