サイトマップリンクについて管理人へメール

トップページ > 宿便と便秘の関係> 宿便はどうして溜まるのか

宿便はどうして溜まるのか

宿便のしくみ宿便(しゅくべん)という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

大抵の人はこれを、「排泄されずに肛門付近に残っている古い便」とイメージするようですが、実はこれは誤りです。そもそも医学的には「宿便」という言葉はありません。腸内の残留物をさして、一般的にこのように表現しているようです。

「宿便」は、主に腸内に存在します。それは、腸という器官のつくりが大きく影響していると言えるでしょう。腸の内側には、絨毛(じゅうもう)と呼ばれる絨毯の毛のような突起物が密生しています。

これは、私たちの体内に栄養分を取り込む大事な役割をするものですが、その一方で、吸収しきれない過剰な食べカスや体に不要な毒素を、絨毯の間に引っかけてしまい、腸内の残留物としてしまいます。これがいわゆる「宿便」と呼ばれるものです。

一度食べ物のカスが引っかかると、そこからの体内への吸収は妨げられるので、あとからあとからそこへカスがためこまれることになります。長く腸に滞留することで、ヘドロ状になり、腸の機能を低下させる原因となり、便秘を引き起こすわけです。

▲Homeへ