サイトマップリンクについて管理人へメール

トップページ > 便秘のタイプを知ろう> けいれん性便秘

けいれん性便秘

同じく「慢性・習慣的」な便秘ですが、他に紹介した二つと少しタイプが違うのが、「けいれん性便秘」と呼ばれるものです。

便秘というと、便を外へ押し出そうとする大腸のぜん動運動が弱いために起こると考えがちですが、このタイプの便秘はむしろ大腸の運動が活発すぎて起こります。ストレスなどから自律神経のバランスが崩れ、腸が過敏になると、腸のぜん動運動が引きつったようになってしまいます。こうなると、腸が極端に収縮し、便の通りが悪くなるのです。

便秘の種類(けいれん性便秘)他にはない、このタイプの便秘に見られる特徴としては、排便時に強い腹痛を伴ったり、下痢と便秘を繰り返したりするケースがまま見られること。便の形状はコロコロとした小さく硬いもので、排泄しきれないものが腸の終盤でも溜まります。
下剤や浣腸の乱用や過敏性大腸症候群の一症状としても起こるようです。

▲Homeへ