サイトマップリンクについて管理人へメール

トップページ > 便秘のタイプを知ろう> 弛緩性(しかんせい)便秘

弛緩性(しかんせい)便秘

便秘には大きく分けて、「慢性・習慣的」になっているものと、「急性・一過性」のものがあります。

「慢性・習慣的」な便秘の代表的なものは「弛緩性(しかんせい)便秘」です。これは、腸の筋力が衰えることで、便を前へ押し出そうとする大腸のぜん動運動が弱くなり、便意を感じにくくなることが原因で起こる便秘です。
排出されない便が腸全体に溜まってしまうのが特徴と言えます。

便秘の種類(弛緩性便秘)食物が腸内に長く滞留するため、そこから腸が水分を吸収してしまい、カチカチに硬い便がつくられ、排出を困難にしているのです。運動不足による筋力の衰えや食物繊維の摂取不足が主な原因と考えられます。高齢者やお産回数の多い女性に多く見られるのも特徴です。

同じく「慢性・習慣的」で腸に便が滞留してしまうタイプに「直腸性便秘」というのもあります。通常、便が直腸まで下りてくると便意が起こるのですが、このタイプの便秘の人は直腸の神経が鈍くなっていて、便意のシグナルが脳へ届かず、排便に至らないまま直腸付近に便をため込んでしまいます。

このタイプの便秘は、朝忙しかったり、トイレに自由に行けない環境の仕事だったりして、便意が起こってもすぐに排便できず、我慢してしまうことを繰り返すと起こりやすくなります。また痔を患っている人にも、よく見られるのが特徴です。

▲Homeへ