サイトマップリンクについて管理人へメール

トップページ > 便秘が招くこんな症状> 便秘でお肌が荒れてしまう

便秘でお肌が荒れてしまう

便秘と肌腸と肌も密接な関係にあります。
胃腸の調子が悪いと、ニキビが吹き出物が出やすいとうのは、体験的に知っている人が多いでしょうが、これも「便秘」のメカニズムから見ると当然のことと言えます。

口から入った食べ物は、食道から胃を経て腸に入りますが、それだけではまだ体内に吸収されたとは言えません。腸管と呼ばれる部分の壁を通って初めて体内に吸収されるのです。

腸の健康が保たれていれば、この壁は「栄養」になるものを吸収し、毒素を「老廃物」として排便によって体外に出してくれるのですが、便秘によって腸内環境が悪くなると栄養素と毒素を見分ける力がなくなってしまいます。すると、本来便から排出されるべき毒素が腸内に溜まり、それがガス化して腸壁から吸収されて血流に乗り、皮膚から排出されてしまうことになります。

このとき、毒素が皮脂腺や毛穴に作用することで、ニキビや吹き出物などの炎症が起こりやすくなるわけです。毒素が排出されるときに、肌を清潔にしていなかったり、化粧品の残留によって毛穴がつまったていたりすると、てきめんに肌トラブルを招いてしまうと言えるでしょう。

腸壁も、肌と同じようにターンオーバー(新陳代謝)を繰り返しています。「外側の美」は「内面の美」が整えられてこそ、実現できるもの。腸内環境をキレイにすることで、肌の悩みもグッと減るかもしれません。

▲Homeへ