サイトマップリンクについて管理人へメール

トップページ > うんちについて知ろう> ウンチは臭いとは言うけれど

ウンチは臭いとは言うけれど

腸内悪玉菌ウンチのにおいも、便秘かどうかの重要なバロメーターになります。

健康なウンチなら鼻を覆うような悪臭はしないものです。一方、便秘の人の腸には「悪玉菌」と呼ばれるウェルシュ菌が増え、これがインドールやスカトールといった臭いのもととなる毒素をつくります。ですから、ウンチやおならが臭いという人は、腸の中で「悪玉菌」が増殖していると考えたほうがいいでしょう。

ウンチやおならなら、人前でしなければその臭さに気づかれないと思うかもしれませんが、腸内の「悪玉菌」から発生した毒素は大腸の粘膜から吸収されて、血液に乗って全身に運ばれます。とくに血液によって毒素が肝臓に運ばれると、解毒作用が低下して老化を促す「活性酸素」がつくられやすくなると言われます。そうなると、疲れやすくなったり、肌の老化を招く原因にもなってしまうのです。

腸が元気でないと、「健康年齢」や「見かけの年齢」まで左右されてしまうと知れば、「たかが便秘」とは放っておけません。「臭いウンチ」は、それほど重大な危機を知らせているのです。

▲Homeへ