サイトマップリンクについて管理人へメール

トップページ > 便秘を招く間違いダイエット> 食事量を減らすと便秘になる

食事量を減らすと便秘になる

「体重が落ちればそれでOK」というダイエットの仕方は、危険を伴います。ダイエットの中心は、やはり食事制限になりますが、これも極端に減らしたては、かえって腸のトラブルを引き起こします。

バランスの良いダイエット食べる量が減ってしまうと、必然的に口にする食べ物の品数が減り、バランスの取れた食事をするのが難しくなります。しかも、食事の量が減れば、それだけ便になる材料も減るということ。十分な便意を起こすだけのウンチがつくられなければ、老廃物は排泄されないまま、腸の中に溜まってしまい、これが便秘を招くのです。

全体の食事の量は減らしても、食物繊維は減らさないような工夫が必要です。また、1食でバランスをとるのが難しければ、1日単位で必要な栄養素をそろえるような気遣いも大切と言えます。

いずれにせよ、極端に食事量を減らすダイエットは便秘につながります。ダイエットを優先するあまり便秘状態を続けると、腸の中で悪玉菌が優勢になり、そこから発生した有害物質が肌トラブルなどを招く危険も。これでは「痩せてもキレイになれない」という悪循環が起こってしまうでしょう。

▲Homeへ