サイトマップリンクについて管理人へメール

トップページ > 女性に知っておいて欲しいこと> 生理周期とダイエットの関係

生理周期とダイエットの関係

ダイエットには緑黄色野菜快便のためだけでなく、ダイエットを成功させるためにも、「女性ホルモン」を知るのは大切なことです。

基礎体温をつけているとわかりやすいですが、排卵が起こると女性の体は高温期に入り、「黄体ホルモン」の分泌が盛んになります。この時期は、前述のように大腸の水分吸収が活発になりますが、これは体内に水分を多く溜め込み、むくみやすくなるということ。したがって一時的な体重増加が起こる場合があります。
とはいえ、これは脂肪がついたわけではないので、水分代謝を良くするカリウムを多く含む緑黄色野菜などを食べたりすることで解決できます。

ただ、普段よりは代謝・排泄機能が落ちることは事実なので、ダイエットには不向きな時期と言えるでしょう。また生理中は情緒不安定になりやすく、沈静化するために体が糖質を求めて食欲が増す傾向が。いずれにせよ、ダイエットのためにコントロールがしにくい時期と思ったほうがいいようです。

生理開始後3日目くらいからは、今度は「卵胞ホルモン」の分泌が盛んになり、新陳代謝も活発になってきます。ここから2週間ほどは、このホルモンの働きで水分や老廃物の排泄が促されるので、ダイエットも効率よく取り組めるでしょう。

女性の体には「痩せやすい時期」と「痩せにくい時期」があると言うわけです。

▲Homeへ