サイトマップリンクについて管理人へメール

トップページ > 女性に知っておいて欲しいこと> 女性ホルモンの作用が、便秘の引き金に!

女性ホルモンの作用が、便秘の引き金に!

男性よりも女性に便秘の悩みを抱える人が多い理由に、「女性ホルモン」の影響が考えられます。

「女性ホルモン」には排卵の準備を進める「卵胞ホルモン(エストロゲン)」と排卵を抑制する「黄体ホルモン(プロゲステロン)」の二種類があります。このうち「黄体ホルモン」が分泌されると、大腸の水分吸収が盛んになって、便に含まれる水分量が低下してしまうのです。
そのため、便を押し出すぜん動運動も抑制され、便秘状態になりやすいわけです。

女性ホルモンの影響ですから、生理前や妊娠初期など、「黄体ホルモン」の分泌が盛んな時期には、普段よりも便秘になりやすいと言えます。 さらに、生理前のイライラ、妊娠初期のツワリなどのストレスも引き金となって、便秘症状をさらに悪化させる可能性も・・・

とはいえ、「黄体ホルモン」は悪者ではなく、女性の体にとってはとても大切なホルモン。これが分泌されなくては妊娠の維持や出産はできません。黄体ホルモンの分泌が増える時期には、体の変化に対応できるように、意識的にバランスの取れた食事や規則正しくストレスの少ない生活を心がけるようにしたいものです。

▲Homeへ