サイトマップリンクについて管理人へメール

トップページ > 腸を詰まらせる困った習慣> 食べる時間

食べる時間

規則正しい食生活ライフスタイルにもよりますが、夜遅くに食事を摂ったり、夜食と称してお菓子を食べたりするのはできるだけ避けましょう。

体内で消化・吸収活動が行なわれているときは、排泄の動きは止まってしまいます。つまり、夜遅くに食事をすると、寝ている間も体は消化・吸収の働きをしていることになり、翌朝タイミング良く便を出しにくくなってしまうのです。

また、食べてから寝るまでの時間が短いと、当然エネルギーも十分消費されません。しかも、睡眠中は副交感神経の働きが活発になるので、脂肪の生成が盛んに行なわれます。
「夜食べると太りやすい」と言われる理由はここにあるのです。

さて、空腹になるとお腹が「グーッ」と鳴りますが、これは胃腸の動きを活発にするホルモンが働き始めたサイン。胃の中身を腸へ送り、腸の中にある便を排泄へ導いてくれるのですが、このホルモンは空腹な時間が続かないと分泌されません。

要は、お腹が「グーッ」と鳴る前に何かを口にしては、腸は必要以上の食べ物を処理しなくては便秘や肥満を招きやすくなるとも言えるのです。

▲Homeへ