サイトマップリンクについて管理人へメール

トップページ > うんちについて知ろう> ウンチがつくられる時間

ウンチがつくられる時間

便秘と消化食べたものが体内を移動するのに必要な時間は、個人差はありますがだいたい1~3日だと言われています。
つまり、ウンチがつくられるには、それだけの時間がかかると考えればいいでしょう。

口から入った食べ物はまず胃で粗く分解されて、小腸へ送られます。小腸では消化・吸収作業行なわれ、栄養分と水分のほとんどがここで体内に取り込まれます。

小腸でドロドロの液状になった食べ物は、盲腸・結腸・直腸からなる「大腸」へと移動する間に、次第に水分が失われ固形状に変わり、最終的に排泄されるという道筋を辿るのです。

この一連の移動時間が早いほど、腸の働きが活発で「いいウンチ」がつくられているということになります。
一方、便秘の人は必要以上に長い時間、大腸に食べ物が停滞し、腸内のビフィズス菌を減らして、硬く排泄されにくい「悪いウンチ」をつくってしまうわけです。

自分の腸がどれくらいのスピードで消化・排泄活動を行なっているかを知りたいなら、粒のしっかりしたトウモロコシを食べて、それが何時間後に出てくるか計ってみるという方法も。
ひどい便秘体質でない人なら、イカスミパスタを食べて、真っ黒な便が出るまでの時間を目安にしてみるのもわかりやすいでしょう。

▲Homeへ