サイトマップリンクについて管理人へメール

トップページ > 女性に知っておいて欲しいこと

女性に知っておいて欲しいこと

母となる日のために、女性のカラダはとってもデリケートにできています。女性のカラダの特徴を知って健康的なダイエットと快便生活を目指しましょう。

ぽっこり下腹には要注意!

「お腹まわりは痩せづらい」というダイエットの悩み。でも、これは見た目ばかりの問題ではありません。ぽっこりした下腹を放っておくと、便秘も引き起こしやすくなります。

ぽっこりお腹下腹がぽっこりする原因には、次の3つが考えられます。

[ぽっこり下腹には要注意!] 続きを読む
↑このページのTopへ

骨盤のゆがみがあると・・・?

程度の差はありますが、一説によると日本人女性の9割近くの骨盤が歪んでいるとも言われます。まずは、あなたの骨盤が歪んでいないか、下記の方法でチェックをしてみましょう。

骨盤の歪みチェック


  • うつぶせに寝たとき、両足の親指が床に着くか。また、親指を中心とした両足のかかとの開きが45度になるか。

  • 片足立ちをして、10秒程度ふらつかずに静止できるか。

  • 正座したとき、膝の位置が揃っているか。

[骨盤のゆがみがあると・・・?] 続きを読む
↑このページのTopへ

女性ホルモンの作用が、便秘の引き金に!

男性よりも女性に便秘の悩みを抱える人が多い理由に、「女性ホルモン」の影響が考えられます。

「女性ホルモン」には排卵の準備を進める「卵胞ホルモン(エストロゲン)」と排卵を抑制する「黄体ホルモン(プロゲステロン)」の二種類があります。このうち「黄体ホルモン」が分泌されると、大腸の水分吸収が盛んになって、便に含まれる水分量が低下してしまうのです。
そのため、便を押し出すぜん動運動も抑制され、便秘状態になりやすいわけです。

[女性ホルモンの作用が、便秘の引き金に!] 続きを読む
↑このページのTopへ

生理周期とダイエットの関係

ダイエットには緑黄色野菜快便のためだけでなく、ダイエットを成功させるためにも、「女性ホルモン」を知るのは大切なことです。

基礎体温をつけているとわかりやすいですが、排卵が起こると女性の体は高温期に入り、「黄体ホルモン」の分泌が盛んになります。この時期は、前述のように大腸の水分吸収が活発になりますが、これは体内に水分を多く溜め込み、むくみやすくなるということ。したがって一時的な体重増加が起こる場合があります。
とはいえ、これは脂肪がついたわけではないので、水分代謝を良くするカリウムを多く含む緑黄色野菜などを食べたりすることで解決できます。

[生理周期とダイエットの関係] 続きを読む
↑このページのTopへ

▲Homeへ